時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,618,064億円
  • 東証2部 75,323億円
  • ジャスダック 99,021億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.27倍 --
株価収益率15.39倍16.18倍
株式益回り6.49%6.17%
配当利回り1.87% 1.87%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,023.10 +598.29
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

需給頼みの「クラゲ相場」 市場、買いの切れ目に警戒
証券部 武田健太郎

2019/11/22 16:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日経平均株価は2万3000円台で膠着感が強まってきた。企業業績などファンダメンタルズへの不安はある半面、決定的な売り材料もなく、需給面での買い安心感に着目した銘柄選択が活発だ。ただ、米中貿易問題などを警戒し、相場全体の上値は重くなりつつある。自社株買いといった明確な買いが途絶えると、それが株高の切れ目となるリスクもはらむ。

米中貿易摩擦が緊迫と緩和を繰り返すなか、日本株も方向感を欠く。「長期投資…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム