ファーウェイ、「寛容な欧州」に熱い視線

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
ネット・IT
ヨーロッパ
2019/11/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)が欧州に熱視線を注いでいる。欧州での商用化契約数は32に達し、全体の約半分を占める。スイス通信大手サンライズとは共同で次世代通信規格「5G」の研究開発拠点を開設した。米国やアジア太平洋が同社製品の排除に動くなか、事業の成長に向け欧州の重要性は増している。

10月にファーウェイがスイスの最大都市チューリヒで開催したフォーラム。講演した胡厚崑(ケン・フー)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]