/

この記事は会員限定です

地域金融のいま 九州・沖縄地銀の4~9月期決算から

[有料会員限定]

九州・沖縄地銀の19年4~9月期単体決算では、21行中15行が最終減益または赤字転落となった。貸出金利回りの低下など厳しい経営環境にあえぐ地銀の状況を、決算から迫る。

緩和7年「本業」140億円減益 融資、量から金利探る

日銀の「異次元緩和」が長期化し、九州・沖縄の地銀は融資など「本業」の収益が低下している。2019年4~9月期決算で21行の単体での合計資金利益は緩和前の7年前と比較し、上位行の年間純利益に相当する140億円超減った。各行は貸出残高の増加...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3292文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン