/

この記事は会員限定です

ゲームに青春をささげるのはアリ? 迷える14歳プロ

eスポーツ 熱狂の正体(5)

(更新) [有料会員限定]

「みんな、集まってる?」

11月の昼下がり、「N高等学校」行事担当の教員、金堂宏昭が呼び掛けた相手はパソコン。すぐさまチャットツールで日本全国の自宅から部員たちがアクセスしてきた。

「N高等学校」はオンラインで完結する通信制の高校。メディア・出版大手のKADOKAWAが2016年に設立し、フィギュアスケートの紀平梨花らも通う。金堂が集合をかけたのは「eスポーツ部」の部員たち。週に1度のミーティング...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2757文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

eスポーツ 熱狂の正体

コンピューターゲームをスポーツとして捉えるeスポーツが世界を席巻している。米国で開かれる大会では億単位の賞金が動き、関連ビジネスが拡大している。中国では国策で選手を育て、IT企業がゲーム会社を買いあさっている。遅れていた日本でもスターゲーマーが出始めるなど、ここに来て盛り上がりを見せている。最前線の世界の現場から、熱狂の正体を解き明かす。(この連載は本編5回、ビジュアルデータ1回で構成します)

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません