がん検診、22府県で指針順守ゼロ
漂流する社会保障 NIKKEI Investigation

漂流する社会保障
2019/11/22 18:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国の指針に基づかないがん検診は都道府県の姿勢にも左右される。開示されたデータを基に、指針外の検診を実施している市区町村の比率を都道府県別にみると、地域によってばらつきがある。

部位と手法の双方で指針を順守していた市区町村の比率は、最も高い滋賀県では2017年度に68%に達していた。この比率が20%を超えていたのは6府県。他方で岩手、宮城、群馬、千葉、京都、大分など22府県ではゼロだった。

滋賀県…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]