実弾の持ち込み数引き上げ スポーツ射撃、鉄道バスに

2019/11/22 9:50
保存
共有
印刷
その他

国土交通省が2020年東京五輪・パラリンピックを念頭に、鉄道やバスに持ち込めるスポーツ射撃用の実弾の数を引き上げる方針を固めたことが21日、同省への取材で分かった。現在は鉄道200発以内、路線バスや高速バス50発以内だが、800発を上限とする。

同省は選手や関係団体の意見を集めた結果、選手は最大800発程度の実弾を持って移動しており、現行規定が競技の実態と合わないと判断した。競技が以前より…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]