米ゼロックス、敵対的買収も視野 HPに通告

エレクトロニクス
2019/11/22 3:05
保存
共有
印刷
その他

ゼロックスはHPに資産査定への協力を迫った=ロイター

ゼロックスはHPに資産査定への協力を迫った=ロイター

【ニューヨーク=中山修志】米事務機器大手ゼロックスは21日、米パソコン・プリンター大手HPに対し、資産査定に協力しなければ敵対的買収も視野に入れると通告した。同社の買収提案をHPが拒んだことを不服とし、25日までに査定に合意しなければHPの株主に直接買収を持ちかけると主張している。

ゼロックスは21日、ジョン・ビセンティン最高経営責任者(CEO)がHPの取締役会メンバーに送った書簡を公表した。HPが買収提案を拒否したことを「非常に驚きだ」と表現し、買収条件である1株22ドルは直近30日のHPの平均株価を29%上回る「説得力のある提案だ」と強調した。

ゼロックスがHPによる資産査定に応じた一方、HP側は協力を拒んだとも指摘。「友好的なプロセスのためには互いの協力が必要だ」と訴え、25日までに資産査定に応じなければ株主に買収を提案すると伝えた。

HPは17日、ゼロックスの買収提案を「評価が低すぎる」として拒否した。両社は汎用コピー機などの供給で提携関係にあるが、HP側の対応によってはゼロックスが敵対的買収に打って出る可能性が出てきた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]