/

羽生、自己ベスト更新に意欲 NHK杯22日開幕

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯は22日、札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕する。第2戦スケートカナダからの連勝を目指す男子の羽生結弦(ANA)は21日の記者会見で「今シーズン、一番点数を出しているのは僕。それを超えたい気持ちはある」と自己ベスト更新に意欲を燃やした。

公式練習で調整する羽生=共同

羽生はスケートカナダで322.59点を出し、ネーサン・チェン(米国)の世界最高得点に肉薄した。「やってきたことが自信になった。自分の道を突き進んでいいということだと思う」と胸を張る。一方、負傷に苦しんだ過去2季の経験から「最後まで全力で健康に滑り切れたら。氷上ではポジティブなリミッターを掛けている」。ケガを避ける重要性も語る。

女子でスケートカナダ2位の紀平梨花(関大KFSC)は「ミスが許されないと感じていて、トリプルアクセル(3回転半)は確実に3本決めたい」。今季、跳ぶ選手が増えた4回転ジャンプについては「4回転サルコーも練習してきたので、氷の感覚とかを確かめて本番に入れるかを決めたい」と話した。

羽生と紀平はシリーズ上位6人で争うファイナル(12月5~7日・トリノ)への進出が懸かる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン