スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

御嶽海、意地の寄り切り 朝乃山下す

2019/11/21 23:00
保存
共有
印刷
その他

勝負事の明暗を分けるのは気力なのだとつくづく感じさせられる。前日まで覇気なく連敗していた御嶽海が、進境著しい朝乃山を優勝争いから引きずり下ろした。

【関連記事】白鵬1敗守る、朝乃山は3敗に後退

御嶽海(右)が寄り切りで朝乃山を下す=共同

御嶽海(右)が寄り切りで朝乃山を下す=共同

強い当たりと突き放しから瞬く間に二本差し。左上手を引かれても我武者羅に出る。懸命にこらえる相手を休まず攻め続け、腰の伸びたところを寄り切り。「自分の相撲を取れば相手の攻め手は怖くない。悪くなかった」と静かに振り返った。

秋場所で2度目の優勝を果たし、九州での成績次第では大関昇進もと期待された。しかし2日目に土がつくと翌日には右目の上を裂傷。目に見えて当たりが弱くなった4日目からの3連敗で夢は散り、11日目を終えて黒星先行と勝ち越しさえ危うくなった。

「(昨夜から)色々なことを思い、相撲を取った」と御嶽海。ふがいない自身への憤り、先場所優勝力士としての意地、先輩大関候補としての朝乃山への対抗心。様々な思いが結実した今場所最高の一番。朝乃山は「まわしを取れたのに攻めきれなかった。体は動いているし足も出たが、それより相手が速かった」と脱帽した。

八角理事長(元横綱北勝海)は「気持ちが乗ったときの御嶽海は強い。強い力士とやるときほど気合が入る」と評する。稽古不足を再三指摘されながら、抜群のセンスで三役を維持する天才肌。当代随一の意外性に、大関に求められる安定感が加わる日は来るだろうか。(吉野浩一郎)

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 大相撲初場所(来年1月12日初日・両国国技館)で大関から関脇に転落する高安が2日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で稽古を非公開で再開した。かど番だった11月の九州場所では8日目に腰痛を発症し、取組直前 …続き (2日 19:26)

 日本相撲協会は28日の理事会で、来年1月12日初日の初場所(両国国技館)前後の日程を承認し、同6日に横綱審議委員会による稽古総見を国技館内の相撲教習所で行い、新弟子検査も実施する。明治神宮奉納土俵入 …続き (28日 19:33)

 日本相撲協会は27日、福岡国際センターで大相撲初場所(来年1月12日初日・両国国技館)の番付編成会議を開き、元大関の照ノ富士(27)=本名ガントルガ・ガンエルデネ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=ら5人 …続き (27日 10:33)

ハイライト・スポーツ

[PR]