スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

御嶽海、意地の寄り切り 朝乃山下す

2019/11/21 23:00
保存
共有
印刷
その他

勝負事の明暗を分けるのは気力なのだとつくづく感じさせられる。前日まで覇気なく連敗していた御嶽海が、進境著しい朝乃山を優勝争いから引きずり下ろした。

【関連記事】白鵬1敗守る、朝乃山は3敗に後退

御嶽海(右)が寄り切りで朝乃山を下す=共同

御嶽海(右)が寄り切りで朝乃山を下す=共同

強い当たりと突き放しから瞬く間に二本差し。左上手を引かれても我武者羅に出る。懸命にこらえる相手を休まず攻め続け、腰の伸びたところを寄り切り。「自分の相撲を取れば相手の攻め手は怖くない。悪くなかった」と静かに振り返った。

秋場所で2度目の優勝を果たし、九州での成績次第では大関昇進もと期待された。しかし2日目に土がつくと翌日には右目の上を裂傷。目に見えて当たりが弱くなった4日目からの3連敗で夢は散り、11日目を終えて黒星先行と勝ち越しさえ危うくなった。

「(昨夜から)色々なことを思い、相撲を取った」と御嶽海。ふがいない自身への憤り、先場所優勝力士としての意地、先輩大関候補としての朝乃山への対抗心。様々な思いが結実した今場所最高の一番。朝乃山は「まわしを取れたのに攻めきれなかった。体は動いているし足も出たが、それより相手が速かった」と脱帽した。

八角理事長(元横綱北勝海)は「気持ちが乗ったときの御嶽海は強い。強い力士とやるときほど気合が入る」と評する。稽古不足を再三指摘されながら、抜群のセンスで三役を維持する天才肌。当代随一の意外性に、大関に求められる安定感が加わる日は来るだろうか。(吉野浩一郎)

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

輝(左)が栃煌山を押し出しで破って2敗をキープ

 三役経験豊富なベテラン、栃煌山を破っても顔色一つ変えずに花道を引き揚げていく。ポーカーフェースで知られる輝らしく、首位と1差で臨む終盤戦にも「別に全然気にならない」。普段通り、泰然自若として賜杯レー …続き (22日 21:44)

正代(右)が押し出しで大栄翔を破る(22日、両国国技館)=共同

 大相撲初場所11日目(22日・両国国技館)大関貴景勝は平幕宝富士を危なげなく押し出し、2敗を守った。平幕の正代、徳勝龍が1敗を保ち、首位をキープ。正代は新小結大栄翔を押し出し、徳勝龍は碧山を突き落と …続き (22日 19:04)

(西) (東)
勢 0―0東龍
志摩3―0照強
琴恵1―0剣翔
輝 1―4徳勝
霧馬0―0佐海
石浦0―1魁聖
琴奨0―0隆勝
豊山4―1栃煌
千大5―8碧山
竜電2―1千丸
阿武3―2玉鷲
御嶽5―3松鳳
北富3―7遠藤
妙義 …続き (22日 18:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]