官民ファンド、続く採算軽視 農水系が新規投資停止へ

2019/11/21 22:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農林漁業に投資する官民ファンド、農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)が新規投資を2020年度末にも停止する見通しとなった。官民ファンドは民間だけではお金を出しづらい分野にマネーを供給し、経済の活性化をめざす仕組みだが、一部では採算軽視の投資が続いた。投資活動の難しさが浮き彫りになったことで、他のファンドの経営改善も重要な課題となる。

A-FIVEは19年度末の累積損失が115億円となり、1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]