ソフトバンクG向け融資で思惑交錯 銀行間に温度差

2019/11/21 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

みずほ銀は追加融資に前向きな姿勢を示すが、銀行団には自助努力を求める声もある

みずほ銀は追加融資に前向きな姿勢を示すが、銀行団には自助努力を求める声もある

ソフトバンクグループへの追加融資をめぐり、関係者の思惑が交錯している。焦点はソフトバンクGが運営するファンドの投資先で、巨額の損失の原因となったシェアオフィス「ウィーワーク」の動向だ。経営再建で資金需要が高まるソフトバンクGへの融資に主力行のみずほ銀行は前向きな姿勢を示すが、銀行団の中には自助努力を求める声もある。

【関連記事】 ソフトバンクGに3000億円 みずほ銀行など融資へ協議

関係者によると、みずほ銀を軸に三菱UFJ銀行や三井住友銀行を交えた3000億円規模の協調融資が協議されている。これとは別に、…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]