新潟のバイオ企業、楽々 キノコ菌床製造時間半分に

2019/11/21 19:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

バイオベンチャーの楽々(らら、新潟市)はキノコの栽培に使う菌床の製造時間を従来の半分に短縮する技術を開発した。原材料の加工や種菌の植え付けを1台で済ませる装置を改良した。食品会社や農家に菌床や製造ノウハウを売り込む。高効率の生産性と環境への配慮姿勢を訴えてブランド価値を高め、20年2月期は1億円の売り上げを目指す。

楽々は5月に創業し、キノコの栽培用菌床の販売や製造技術の開発を手がける。このほど…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]