/

KADOKAWA、お台場で企業対抗ゲーム大会

KADOKAWAは22日、任天堂の人気テレビゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」を競技種目とする企業対抗ゲーム大会を東京・お台場の温浴施設で開く。優勝企業にはゲーム情報誌「ファミ通」でゲームと無関係な企業特集を掲載する。

温浴施設「東京お台場大江戸温泉物語中村座」(東京・江東)で「ファミ通」を出版する子会社が大会を主催する。競技の様子は温浴施設の利用客であれば誰でも観覧できるほか、動画配信サイトでも中継する。

参戦企業には応募時に種目ゲームへの思い入れなどを聞き取り、ゲームの腕ではなく逸話の面白さで8社を選んだ。逸話は大会時に紹介する。文具メーカーや製薬会社、中央官庁など多彩な業種に及び、種目ゲームを開発した任天堂の競合であるソニー・インタラクティブエンタテインメントも選ばれている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン