1000日超の長期政権、経済は好調 改善の指標96%
政界Zoom

政治
2019/11/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相の通算在任日数が20日で桂太郎を超え、憲政史上最長となった。首相の経済政策「アベノミクス」への評価が政権への支持を下支えしてきた。政権の長さと経済はどの程度、関係があるのか。精緻なデータがそろう1960年以降の26政権で日経平均株価や実質国内総生産(GDP)など5指標の変化を調べてみた。

長期間にわたって安定的にデータを比較できる代表的な経済指標を選んだ。(1)就業者数(2)日経平均…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]