アジア空港運営2強 チャンギ・仁川、マニラで競う
3空港新増設巡り 新興国開拓に照準

朝鮮半島
東南アジア
アジアBiz
2019/11/21 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=遠藤淳】空港運営で定評のあるアジアの2強、シンガポールのチャンギ・エアポート・グループと韓国・仁川国際空港公社が海外展開に力を入れている。注目されるのが、フィリピン・マニラで整備される3空港だ。既存2空港の運営をチャンギが支援、新空港では仁川が有力視されており、同一エリアで有力企業が競い合うのは珍しい。アジア新興国では空港の新増設計画が目白押しで、両社はマニラでの実績を足がかりに事業拡…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]