自民部会に空気の変化 超長期政権の行方も意識
民主主義の現場(3)

政治
2019/11/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「党政調の発言力をバージョンアップする改革を進めている」。自民党の岸田文雄政調会長は15日、福岡市内の講演で訴えた。1週間前の8日には安倍晋三首相が3年ぶりの経済対策を策定するよう指示した。党政調が主張する政策を反映させる決意を示した。

「2020年度に予定する大学入学共通テストの英語民間試験の導入を延期する」。1日午前、萩生田光一文部科学相が表明した。突然の発表は党には寝耳に水だった。

党は1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]