日本センチュリー響発足30周年 苦境の中で音楽に深み
文化の風

関西タイムライン
2019/11/22 7:01
保存
共有
印刷
その他

日本センチュリー交響楽団が12月、発足から30周年の節目を迎える。充実した演奏を続ける一方で、経営面では2011年に大阪府から独立して以降、苦境が続く。14年から首席指揮者として楽団を率いる飯森範親に、演奏・経営両面での成果と展望を聞いた。

もともとセンチュリー響はアンサンブルの精度には定評があった。だが飯森は首席指揮者就任にあたり「音楽も練習も、良くも悪くも真面目」との印象を抱いていた。「少し…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]