時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,618,064億円
  • 東証2部 75,323億円
  • ジャスダック 99,021億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.27倍 --
株価収益率15.39倍16.18倍
株式益回り6.49%6.17%
配当利回り1.87% 1.87%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,023.10 +598.29
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

もろい楽観論に警戒 米株変動率上昇が招く急落リスク
証券部 大西康平

2019/11/21 18:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

一時400円超下落した21日の日経平均株価は、米中関係改善という楽観シナリオを織り込んだ市場のもろさを浮き彫りにした。足元では2018年の世界株急落につながった指数の売りが膨らんでおり、相場急落に備えたファンドへの資金流入が続く。株高期待がなお主流を占めるが、何かの拍子で株価変動が増幅することへの投資家の警戒感もじわりと高まっている。

「米中対立緩和への期待を強く織り込んだ株高局面では、驚きは乏…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム