オリパラ考

フォローする

ロシアの五輪参加に暗雲、ドーピング疑惑再び
編集委員 北川和徳

2019/11/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

深刻化するドーピングが東京五輪・パラリンピックに暗い影を落としている。世界反ドーピング機関(WADA)はロシアへの新たな処分案を12月9日に審議すると発表した。処分が下れば2016年リオデジャネイロ大会と同様、ロシアの参加の可否が議論されることになりそうだ。

ロシアの国ぐるみの組織的ドーピング疑惑では、15年にWADAがロシア反ドーピング機関(RUSADA)を「不適格組織」と認定。国際オリンピッ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
健康的な生活習慣がいいパフォーマンスだけでなく、いい腸内環境を生み出す。写真はケニアのランナーたちが自ら調理した伝統食のランチ=共同

 サッカー元日本代表の鈴木啓太氏が社長を務めるAuB(オーブ、東京・中央)がアスリートの便を研究していることはよく知られている。その成果として、昨年末に腸内環境を改善するサプリメントを発売した。
 人間 …続き (2/21)

ナイキ製の特注厚底シューズを履いたエリウド・キプチョゲ(左)はウィーンで行われたマラソンの特別レースで非公式記録ながら史上初の2時間切りを達成した(2019年10月)

 ナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」の登場で、スポーツにおける記録やパフォーマンスの進化についてあらためて考えさせられた。

 記録とは異なる時代に活躍した伝説的アスリートの能力を比べるもの差しにも …続き (2/14)


 日本パラリンピック委員会(JPC)は7日、日本選手団の金メダル目標を20個と発表した。金ゼロだったリオデジャネイロ大会からの飛躍へ、団長として引っ張るのが1月に就任した河合純一JPC新委員長だ。河合 …続き (2/13)

ハイライト・スポーツ

[PR]