/

この記事は会員限定です

名南M&Aの篠田社長「後継者不足で引き合い強く」

[有料会員限定]

東海地域でM&A(合併・買収)仲介を手掛ける名南M&Aが12月2日、名証セントレックスに上場する。事業の概要や今後の戦略などを篠田康人社長に聞いた。

――事業内容を教えてください。

 「企業の売り手と買い手を結びつける仲介業務が主軸だ。売り手は後継者不足に悩む中小企業オーナーが多く引き合いは強い。買い手はファンドなどだ」

「地元の愛知や岐阜県などで多くの地方銀行や信用金庫と提携しており、金融機関経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り306文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン