終末の輝き 美術家、最期へのまなざし
三菱一号館美術館館長 高橋明也

美の十選
2019/11/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

美術家たちは「死」という避けられない運命を眼前にして、常に新たなメッセージを生み出そうと格闘してきました。最期に向けてどんなまなざしで自分と周囲を見つめたのでしょうか。三菱一号館美術館館長の高橋明也氏が案内します。

終末の輝き(1) ゴッホ「鴉の群れ飛ぶ麦畑」

終末の輝き(2) シャガール「グランド・パレード」

終末の輝き(3) レンブラント「笑う自画像(ゼウクシスとして…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]