G20外相会合の警備8500人、愛知県内で過去最大

2019/11/21 17:30
保存
共有
印刷
その他

22~23日に名古屋市で20カ国・地域(G20)外相会合が開かれるのを前に、愛知県警は21日、最大で約8500人の警察官が会場周辺などの警備に当たると発表した。県内で実施された警備では過去最大規模となる。

会場となる名古屋観光ホテル(同市中区)や中部国際空港の周辺を中心に、愛知県警や他県から派遣された警察官が巡回する。21~24日まで会場周辺や市内の高速道の一部で大規模な交通規制が続く。県警は期間中のマイカー使用を自粛するよう求めている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]