高齢化の知見 アジアへ 葛西健氏
世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局長

私見卓見
2019/11/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本は、65歳以上が人口に占める割合が世界で最も高い。私の勤める事務局のあるマニラから日本へ出張するたび、高齢化先進国であることを実感する。同時に、高齢者が元気で活動的であることに驚く。知り合いの病院にも89歳で毎日診療に携わる医師がいる。

高齢化は世界全体の現象である。特にアジア太平洋地域の国々では、高齢化が加速度的に進むことが予測される。現在65歳以上は約4億人だが、2040年には約8億人に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]