英最大野党「2度目の国民投票」公約 離脱賛否示さず
通信、水道、鉄道などの国有化も

英EU離脱
ヨーロッパ
2019/11/21 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=中島裕介】英国の最大野党・労働党は21日、12月12日投開票の総選挙に向けたマニフェスト(政権公約)を発表した。焦点の欧州連合(EU)離脱問題では、2度目の国民投票の実施を正式に打ち出した。光回線のブロードバンド網を2030年までに英全土で無料開放する方針も盛り込んだ。国民の利用料負担の軽減に向けて水道や鉄道、郵便事業の国有化も掲げるなど左派的色彩の政策も並んだ。

労働党のコービン党…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]