/

この記事は会員限定です

[FT]独首相、ファーウェイ参入容認で党内反発

[有料会員限定]

ドイツ政府は次世代通信規格「5G」の通信網構築で中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を正式には排除しないことを決めたが、メルケル首相が所属する党内でこれに反対する動きが広がっている。ドイツ政界では潜在的な安全保障上のリスクへの懸念が強まっている。

与党キリスト教民主同盟(CDU)の議員らは、ライプツィヒで今週開催される年次党大会に向け、ファーウェイの5Gプロジェクト参加を事実上禁止する動議...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1973文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン