/

この記事は会員限定です

ダイキン、最高値呼ぶ5つのインド

大阪経済部 杜師康佑

[有料会員限定]

営業利益に占める中国の割合が3割を占めるダイキン工業。中国景気の減速を受けて、他の中国関連株が低迷するなか、6日に上場来高値を付けた。市場が評価するのが中国だけに頼らない成長戦略。特にインドでは地域に応じた製品開発で、シェアを伸ばしている。

「従来はエアコンを買えなかった層も購入している」。グローバル戦略担当の峯野義博専務執行役員は10月に投入したインド限定の小型ルームエアコンの売れ行きに自信を見せる。日本で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1066文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン