エッジAIスタートアップのエイシング、3億円調達

スタートアップ
自動車・機械
2019/11/21 16:07
保存
共有
印刷
その他

人工知能(AI)スタートアップのエイシング(東京・港)は三井住友海上キャピタルを引受先とする第三者割当増資で約3億円を調達した。エイシングはロボットや産業機械などの端末側に搭載する「エッジAI」を開発している。調達した資金は技術者の採用など研究体制の強化に充てる。

エイシングのエッジAIは小型コンピューターで動かせる

同社は岩手大学の研究を基に、機器から集めたデータを高速処理して学習と予測をする独自のAIアルゴリズムを開発している。18年に提携したオムロンをはじめとして、FA機器や輸送機器などに組み込むAIを大手各社と共同開発している。エイシングはアルゴリズムの特許を取得しており、知財の外部提供で収益化を目指す。

エイシングのAIは分析対象をセンサーデータなど軽量で機器の制御に使うものに限定しており、必要な演算能力が小さいのが特徴。深層学習を使う画像認識など、処理するデータ量が大きな用途には対応していない。

エッジAIは端末側で学習や予測が完結するため、クラウドとの通信が不要。大容量の通信で生じるコストや遅延を抑える技術として、自動運転やロボット制御などの領域で注目が集まっている。

(山田遼太郎)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]