パナソニック、液晶パネル生産から撤退へ 21年メドに

エレクトロニクス
関西
2019/11/21 15:14 (2019/11/21 17:02更新)
保存
共有
印刷
その他

兵庫県姫路市の工場は車載電池工場として活用する

兵庫県姫路市の工場は車載電池工場として活用する

パナソニックは21日、液晶パネル製造事業から2021年をメドに撤退すると発表した。兵庫県姫路市の工場は車載電池の拠点として活用し、約500人の従業員は基本的に配置転換で対応する。同工場では薄型テレビ向け液晶パネルの量産を10年に始めたが、業績低迷で16年にはテレビ向けから撤退。医療向けなどに絞って生産を続けてきた。

パナソニック傘下で液晶パネルの生産を担うパナソニック液晶ディスプレイ(兵庫県姫路市)の19年3月期の売上高は約280億円。パナソニックの液晶パネル事業は競争激化による採算悪化で、長く赤字が続いていたもよう。工場の一部を電池生産に転換するなど、工場の活用策をかねて進めてきた。

【関連記事】
パナソニック、模索する成長への道 見えぬけん引役
パナソニック津賀社長 「中国で車載電池工場計画なし」
パナソニックとトヨタの電池新会社、20年春始動へ

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]