伝統の味新たに チョコレートをまとった「ひよ子」
輝け 地産品

九州・沖縄
2019/11/23 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

誕生107年目を迎えた福岡の定番和菓子「ひよ子」。かわいらしい形と変わらない味は、博多の手土産として親しまれている。製造するひよ子本舗吉野堂(福岡市)は8月、福岡空港(同市)で新製品「纏衣(まとい)ひよ子」を発売した。チョコレートをコーティングし、若い消費者にも購入してもらう狙いだ。

纏衣ひよ子は全体にチョコレートを薄くかけ、ひよ子本来の甘さを引き立てている。しっとりとした食感はお茶がいらないほ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]