ソフトバンクGへの融資、メガバンク間で温度差

金融最前線
金融機関
2019/11/21 13:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトバンクグループへの追加融資をめぐり、大手行の温度差が広がってきた。焦点はソフトバンクGが運営するファンドの投資先で、巨額の損失を計上したシェアオフィス「ウィーワーク」だ。その再建で資金需要が拡大するソフトバンクGに理解を示す向きがある一方、融資の規律を理由に慎重論を唱える銀行からは資産売却による自助努力を求める声があがる。

関係者によると、主取引行のみずほ銀行を軸に三菱UFJ銀行や三井住友…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]