時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,522,844億円
  • 東証2部 75,072億円
  • ジャスダック 98,536億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.25倍 --
株価収益率15.17倍15.93倍
株式益回り6.59%6.27%
配当利回り1.89% 1.89%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

スクランブル・フラッシュ

フォローする

日本株に香港情勢の霧、米中交渉への影響 警戒
証券部 竹内弘文

2019/11/21 11:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本株が久しぶりの大幅安に見舞われている。21日午前の日経平均株価は3日続落。取引時間中としては約3週間ぶりに2万3000円を割り込み、前日終値に比べた下げ幅は400円を超す場面があった。香港情勢が緊迫化するなか、米議会を通過した香港人権法案にトランプ大統領が署名する方針と伝わったのがリスクオフの引き金となった。同法案への署名は、市場関係者の最大の関心事である米中貿易交渉の行方にも影を落とす。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム