万博会場へのアクセス改善 大阪市、高速道の建設前倒し

地域総合
2019/11/21 11:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪市は2025年に開かれる国際博覧会(大阪・関西万博)に向けて交通アクセスを改善するため、市中心部と会場の夢洲(ゆめしま、大阪市此花区)付近をつなぐ高速道路の建設を前倒しする。当初計画の27年より完成を2年早め、25年春の開会に間に合わせる。建設区間は河川堤防にトンネルを埋設する特殊工事で、市中心部と会場を結ぶシャトルバスを優先する暫定開通も視野に入れる。

前倒しする区間は「淀川左岸線2期」で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]