/

この記事は会員限定です

楽天・DeNAの系譜継ぐ沖縄新球団の夢

プロ野球動かしたテック族・番外編(3)

[有料会員限定]

11月6日早朝、沖縄県のANAボールパーク浦添。夏のような日が差し込むグラウンドに、高校や大学、社会人チームのユニホームを着た80人の若者が集まってきた。この日は沖縄初のプロ野球チーム「琉球ブルーオーシャンズ」の旗揚げに向けた選手の入団テストが開かれた。

選手に鋭い目を向けていたのが、元プロ野球選手の田尾安志だ。巧打の外野手として中日で一時代を築き、西武と阪神でも活躍。イチローが憧れの選手として名...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2681文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

プロ野球動かしたテック族

戦後に国民的娯楽の地位を築いたプロ野球は15年前、存亡の危機にあった。近鉄・オリックスの合併構想を機に噴出した球団再編運動。2004年、選手たちによる史上初のストライキを機に、球界は勃興し始めていたネット産業の起業家たちと出会う。リーマンショックの4年前、マネーがあふれユーフォリア(陶酔)という言葉を耳にすることが増えたころの話だ。テックの旗手たちはいかにプロ野球を動かし、今の再生へとつなげたのか。 (この連載は本編10回、番外編3回で構成します)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン