お茶大付中で教諭が体罰 男子生徒蹴られ骨折

2019/11/21 10:05
保存
共有
印刷
その他

お茶の水女子大付属中(東京・文京)で9月中旬、30代の男性教諭が2年の男子生徒を足で蹴り、あばら骨を折る体罰を加えていたことが21日、関係者への取材で分かった。警視庁大塚署が傷害の疑いで教諭から事情を聴いており、教諭は大筋で認めているという。

捜査関係者らによると、教諭は放課後に生徒を足で蹴った。学校は9月下旬に大塚署に相談。その後、臨時保護者会を開いて経緯を説明した。生徒は既に回復しており、教諭は自宅謹慎しているという。

お茶の水女子大の広報担当者は「不適切な事案があったことは事実だが、警察に相談しているので詳細は話せない」としている。

お茶の水女子大付属中には秋篠宮家の長男悠仁さまが通っており、4月26日には悠仁さまの机に刃物が置かれる事件があった。

〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]