/

この記事は会員限定です

与党税調、本格議論開始へ 異業種M&Aの税優遇が目玉

(更新) [有料会員限定]

与党の税制調査会は21日、2020年度税制改正に向けて総会を開いた。自民党の甘利明税調会長はデジタル経済の拡大に対応するため、企業に新分野への成長投資を促す税制に重点を置く。大企業による異業種のM&A(合併・買収)への税制優遇措置が目玉だ。

自民、公明両党の税制調査会が21日にそれぞれ総会を開いた。年末の与党税制改正大綱の決定に向け議論を本格化した。ハイテク覇権と絡む米中貿易摩擦を踏まえ、次世代通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1158文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン