/

この記事は会員限定です

[FT]天然ガスは「座礁資産」か、EU決断で議論

モラル・マネー 投資の新潮流を紹介

[有料会員限定]
英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)のニューズレター「モラル・マネー」11月20日号では、欧州投資銀行(EIB)が、化石燃料関連事業への新規融資を近く停止すると決めたことを受けて、天然ガスも「座礁資産」として扱われる可能性が出てきたことについて論じた。主な内容は以下の通り。

欧州連合(EU)の政策金融機関である欧州投資銀行(EIB)が、石油や石炭など化石燃料に関連する事業への新規融資を2021年末で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1515文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン