スルガ銀行、異例の借金帳消し シェアハウス決着優先

スルガ銀問題
金融最前線
金融機関
2019/11/21 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スルガ銀行は融資時に不正行為がまん延していたシェアハウスの所有者を対象に融資を帳消しにする異例の対応をとる方向になった。物件の返却と借金の帳消しは所有者側が求めていた。スルガ銀行は一連の不正融資が発覚した後、経営陣を刷新し、筆頭株主も創業家から家電量販大手のノジマに代わった。再スタートに向け、難題だったシェアハウスの最終的な決着を急ぐ。

「シェアハウスと創業家の問題の解決なしにスルガ銀行の再生は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]