中南米、揺らぐ経済基盤 政情不安・通貨安が打撃

中南米
2019/11/20 21:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【リマ=外山尚之、ニューヨーク=後藤達也】中南米の経済基盤が揺れている。資源や中国に頼る経済構造にきしみが生じてきたためだ。財政と経常の「双子の赤字」を抱え、通貨安でインフレも加速。今年の経済成長率はほぼゼロで、アジアとの差は広がる。チリがアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の開催を返上するなどの政情不安やポピュリズム(大衆迎合主義)の広がりで、経済の立て直しへの道筋は厳しい。

「南米の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]