大阪万博ロゴ、デザイン審査員に「くまモン」水野氏ら

2025年 万博
2019/11/20 21:34
保存
共有
印刷
その他

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の運営主体「日本国際博覧会協会」は20日、ロゴマークのデザイン審査員を発表した。サントリーの緑茶飲料「伊右衛門」など企業のブランド戦略を担ってきた永井一史氏や、熊本県のゆるキャラ「くまモン」のプロデュースで知られる水野学氏など計18人が務める。

ロゴマークは11月29日から12月15日まで公募する。12月中にも審査員による選考を始め、建築家の安藤忠雄氏を座長とする選考委員会が審査する。その後、商標登録や著作権について調べ、最終候補作品について一般からの意見も聞いた上で20年春にも決定する。

ロゴマークはポスターやパンフレットのほか、アニメや動画など様々な使用方法が想定される。同協会の担当者は「デザイン専門家の視点で、万博の機運を高めるものを選んでほしい」と話した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]