/

国民投票法案、今国会成立困難に 審議日程厳しく

憲法改正の手続きを定めた国民投票法改正案の今国会での成立が難しくなってきた。20日の衆院憲法審査会の幹事懇談会で自民党が改正案の質疑・採決を21日に実施するよう求めたが、野党が応じなかった。衆院憲法審の定例日は木曜日で、21日の後は会期末の12月9日までの間に2回しかない。参院での審議も含めると日程は厳しい。

 国会内で開かれた衆院憲法審査会幹事懇談会=20日午前

20日の幹事懇では自民党の新藤義孝・与党筆頭幹事が改正案の質疑・採決を改めて提案した。改正案の採決後に、野党が求める国民投票時のCM規制の議論を始めると呼びかけた。野党はCM規制の議論を先に実施するよう求めており、与野党の溝は埋まらなかった。改正案の質疑・採決は、与野党の筆頭幹事間で引き続き協議する。

改正案は商業施設への共通投票所の設置など7項目について、有権者の利便性を公職選挙法並みに高める内容だ。野党も強く反対しているわけではないが「改正案を採決した場合は自民党が改憲案の提示に踏み切る」と警戒する。そのため改正案は昨年6月に衆院に提出されて以降、採決できない状態が続いている。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン