連合30年を振り返る 高木・佐藤氏にインタビュー

2019/11/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

労働組合のナショナルセンター(全国中央組織)の連合は21日、結成から30年を迎えた。官民労組が大同団結し、政策・制度要求の実現と「政界再編の起爆剤」が当時の目標だった。政策面では一定の成果をあげ、政権交代も2度果たした。ただ組織率は低下が続き、非自民勢力は割れている。元会長の高木剛氏と元会長室長の佐藤兵実氏に聞いた。

■高木剛元会長「国際発言力高まる」

――連合結成から30年たちました。

「バラ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]