/

つくば市、米国イノベーション拠点と覚書

茨城県つくば市は米国ケンブリッジ市にある世界有数のイノベーション拠点、ケンブリッジ・イノベーション・センター(CIC)とスタートアップの相互支援に関する覚書を結んだ。両地域で事業展開を目指すスタートアップが両者の共用スペースを相互利用することが可能になる。日本の自治体とCICとのスタートアップに関する覚書の締結は初めてという。

つくば市は25日、ドイツ・ボーフム市と科学技術分野における連携合意書を結ぶ。筑波大学とボーフム大学との連携事業を支援し、研究成果の社会実装や産業展開、持続可能な開発など都市間の連携を発展させる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン