京都市、地域配慮ないホテル「お断り」 観光公害抑制へ

サービス・食品
関西
2019/11/20 19:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京都市は20日、2020年度以降、地域住民の理解を得られない宿泊施設の新設抑制などに取り組む方針を示した。同市では外国人観光客の急増などでホテルが乱立し、観光公害が顕在化している。今後はオフィスや研究開発拠点への用地活用を後押しする。京都経済を下支えする観光と、市民の生活との両立を図る姿勢を鮮明にする。

門川大作市長は20日に開いた記者会見で、数年前まで課題だった宿泊施設不足については解消された…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]