神奈川の民間冬ボーナス、前年比1%減 浜銀総研予測

2019/11/20 19:28
保存
共有
印刷
その他

浜銀総合研究所(横浜市)は民間企業に勤める神奈川県民1人あたりの2019年冬のボーナス支給額が前年比1%減の47万3000円になるとの予測をまとめた。3年ぶりの減少で、企業規模にかかわらず減少傾向とみている。人手不足で雇用者数は増加傾向にあるため、支給総額は同0.1%増の1兆6620億円となる見込みだ。

30人以上の県内事業所は前年比1%減の48万5000円、30人未満の事業所は同1.2%減の31万1000円と予測した。業種別では非製造業の方が、製造業よりも減少幅が大きい傾向にあるという。

ボーナス減少に消費増税が重なり、同研究所は「年末の県内個人消費は盛り上がりを欠く展開になるのではないか」と指摘している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]