/

ケンシロウ動画再生17万回 新聞広告キャンペーン

日本新聞協会は20日、漫画「北斗の拳」の主人公ケンシロウと、アニメ「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」の悪役ドロンジョがツイッターに投稿されたメッセージを読み上げる10月の新聞広告統一キャンペーンの効果測定結果を発表した。10月12~17日の6日間で、動画の再生回数は計17万8700回に達した。

キャンペーンは「#ぺちゃくちゃ新聞広告」で84紙が参加し10月12、14日の紙面に掲載された。広告にある2次元コードをスマートフォンで読み取ると、キャラクターがしゃべる動画が再生される仕組み。さらにハッシュタグを付けた投稿から選ばれたものを読み上げる動画も配信した。

新聞協会によると、「#ぺちゃくちゃ新聞広告」を含む投稿は10月12~17日の間に6329件。投稿したアカウントのフォロワー数を足し上げた「延べリーチ数」は405万1171だった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン