幼保無償化、400億円規模を補正で追加 政府検討

2019/11/20 20:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

10月に始まった幼児教育・保育の無償化の財源が足りず、政府は2019年度の補正予算で財源の追加計上の検討に入った。具体額は精査中だが、300億~400億円規模となる見通しだ。幼保無償化により保育所を利用したいと考える世帯が、当初の想定以上に増えたためとみられる。

幼保無償化は少子化対策の肝煎り施策として、消費増税の増収分を財源に10月から始めた。原則として3~5歳児がいるす…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]