富士フイルム、黒白フィルム販売 22日から再開

2019/11/20 18:00
保存
共有
印刷
その他

富士フイルムは22日に黒白フィルムの販売を再開すると発表した。同社は2018年秋に需要減少などを受けて黒白フィルムの販売を終了したが、愛好家などから継続を望む声が寄せられていた。入手困難になった原材料の代替品の研究や製造プロセスの見直しを進め、新製品「ネオパン100アクロス2」を開発した。

富士フイルムが販売を再開する黒白フィルム

新製品は35ミリメートルサイズと中判カメラ向けのブローニーサイズの2種類を用意した。価格はオープンだが、税別950円を想定する。写真の品質を左右する乳剤の原材料の一部が入手困難になっていたが、富士フイルムは代替の材料を使うフィルムを開発した。写真フィルムに含まれるハロゲン化銀粒子のサイズと組成を精密に制御する技術を採用。感度ときめ細かな描写を両立させた。

(清水孝輔)

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]