/

この記事は会員限定です

賃貸住宅「冬の時代」に備え 東建コーポ、配置柔軟に

[有料会員限定]

東建コーポレーションが都市部の支店の再編に乗り出した。市町村をまたぐ広域エリアに建築施工センターを設け、各支店に配置した建築部門の人員を集約した。支店ごとの業務量のばらつきを抑え、作業を平準化する狙いだ。転貸用の賃貸住宅が本格的な「冬の時代」を迎えつつあり、業務効率化で生産性を上げることで乗り切りたい考えだ。

愛知県小牧市に1日開いた建築施工センターには、3支店に分散していた建築部門の人員約20人を集めた。愛知県北部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り987文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン