新潟県南魚沼市、コメ由来のゴミ袋発売へ

2019/11/20 17:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新潟県南魚沼市はコメ由来のプラスチック原料を使ったゴミ袋を12月から発売する。可燃ゴミや不燃ゴミ向けなど13種類を用意し、同市や湯沢町の指定ゴミ袋として扱う。プラスチックごみ(廃プラ)対策や食品ロスに取り組む姿勢をPRし、市民の環境意識を高める狙いがある。

南魚沼市が現在扱っているポリエチレン100%のゴミ袋の在庫がなくなり次第、12月ごろから順次発売する。現在のポリエチレン製ゴミ袋(45リ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]